FC2ブログ
 
■プロフィール

レシラム

Author:レシラム
小学3年生と年長の男の子のママです。

二人の子育て日記とたまに私の事。

■カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク
■最新コメント
■リンク&バナー

■amazonウィジェット

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今さらだけど。
最後の診察日の様子をパパに伝えたとき、

パパは、
『あーあーっ、良かったーー』

それはもう、目の前にいたらあんな顔してんだろうなっていうのがわかるくらいの なんだろ、
とにかく、安堵の『良かったー』だったのです。


それは、
オンコロジーセンターを見つけて、行かれる事が決まったときの
『良かったね』

でもなく、

第1クールが終わって帰ってきて、
小さくなったしこりを触ってみたときの
『良かったね』

でもなく

第2クール入る前に撮ったPET に残像程度しか写ってなかったときのでもない

電話代越しの良かったね。


今さらだけど…

あっ、そうだよね。

私は皆に心配してもらって、気を使ってもらって

優しくしてもらって、

オンコロでの色んな情報もたくさん聞いてきた。

でも、

パパは一人でずっと頑張ってたんだよね。

慣れない布団で腰痛くなりながら
子供たちの隣に寝てさ。



私のブログも読んでないから私の鹿児島での生活もこと細かく知らないね。


ごめん、ごめん、

私はきっと大丈夫。

本当にありがとう。


パパがおじいちゃんになって、寝たきりになっても

ちゃーんと面倒みるからね

安心して♪













にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
息子たちのこと、パパのこと。 | 12:23:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
お兄に伝える
昨日、お兄は早帰り。

ちびくんはまだ帰ってこないし、久しぶりに二人で外でお昼食べようか? と なりました。


二人きりで出掛けるのを 「デートだ、デート。お母さんとデート」なんて

喜んでくれました。


ちょうどいい機会なので しばらく治療の為に家を空けることを話しました。


「お母さんさ、おっぱいにこりこりがあるでしょ、あれ とらないといけないみたいなの、、、」


「ふーん。 いいじゃん、そのままでも」


「全然痛くないし、平気なんだけどこのままじゃいけないから、鹿児島行って、先生にとってもらうね。

   ちょぅど 夏休みだから、少したって8月に迎えに来てよ、そのまま鹿児島で遊ぼうよ、

   飛行機にも乗れるし」


「うん、わかった。」

「うん、じゃっ、ちびくんのこともよろしくね、」


と 泣かれるかと思ったのにあっさりスルー。      この日はかるーーく 終わらせました。


たぶん、真っ先に 初めて飛行機に乗れるということを想像してわくわくしちゃって

その先までピンときてないようなので  少しづつ、ね。


私、3回手術してます。 (←もう 切りたくないの)


1回目は お兄の生まれるとき 帝王切開。

2回目は ちびくんの生まれるとき。  その時お兄3歳。

検診行ってそのまま 40日も帰ってこなくて かなり寂しい思いをしたみたい。

近所の病院だったのでちょくちょく会いに来てくれたけど やっぱり 離れるときは大号泣

しばらく 「あの時は さみしかった ぼく、、、」 と言われた。


3回目はまさかの子宮外妊娠。 卵管切除手術。

この時も お兄が 幼稚園行って 帰ってきたらお母さんいない、、、、入院、、、パターン。


今でも 入院、手術   という言葉に敏感。  


なるべく 私が留守の間にも安心して過ごせるように出かけていこうと思うけど、なかなか、、



って まあ  いなきゃいないで なんとか 過ごしてくれるでしょ
和 ガスト


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村









息子たちのこと、パパのこと。 | 13:43:41 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。